かしこい収納方法

気を付けておきたい収納方法を種類別に挙げてみました。


革製品の場合

• 衣類以上に湿気、カビに注意が必要です。
• 乾燥しすぎてもダメージになりますので、保革剤クリームなどによる手入れを済ませてから収納をお願いします。
• なお、ご利用のお客様には、貴重品などを収納しないようお願いしております。当店は、収納物については一切責任を負いませんので、くれぐれも高価なブランド製品などの収納はしないようにお願いします。
• できるだけ布などを巻いてから収納しましょう。

 
 
 
革製品を収納する場合